MEDICAL

一般歯科

むし歯のレベルによる症状と治療法

レベルC1
症状
むし歯菌によって侵食された部分がエナメル質内(写真)なので 痛みを感じることはほとんどありません。
施術内容
レーザー治療 CR充填(プラスチックの詰め物)ブラッシング指導で経過観察
レベルC2
症状
侵食された部分が象牙質に及ぶもの。
冷たいものがしみる。食べかすが詰まる。
施術内容
CR充填または補綴処置(インレー・クラウン)
  • インレー
  • クラウン
  • CR前
  • CR後
レベルC3
症状
むし歯菌が歯髄(神経)に入り込み炎症を起こしている。冷たいもの、熱いものがしみる、噛んだ時に痛い、ズキズキ痛い。
施術内容
まずは神経の治療(根管治療)その後CR充填または補綴処置(インレー・クラウン)

拡大する
レベルC4
症状
むし歯菌が歯根内にとどまらず根の先の歯周組織にまで炎症が及ぶもの。歯根が萎縮している場合もある。噛んだ時に痛い。脹れてきた、ズキズキ痛い、これらを通りすぎると全く無症状のこともあり。
施術内容
根管治療で保存可能な場合は補綴処置を行なう。
保存不可能な場合は抜歯になることもあります。 
レベルその他
  • 不慮の事故、または根管治療を施している歯にしばしば起こります。
  • 歯ぎしりの強い方、固いものを好んで食べる方に起こります。
  • 破折部位によって処置が異なります。
  • 補綴処置で済む場合や部分抜歯せざるを得ない場合もあります。
  • 肉眼でもレントゲン写真でも分からず診断しにくいことがあります。

小児歯科

小児治療とは?
大人の歯の小さいものが子供の歯ではありません。むし歯になりやすく(歯が大人と比べてやわらかいです。)痛みをあまり感じないこと、むし歯の進行が早いことが乳歯の特徴です。
初めて治療を受けるお子さんへ
不安や緊張、恐怖心を抱かせないよう最初は器具に触ってもらったり、お話するだけや歯ブラシするだけのこともあります。お口をあけるのが上手になってきたらなるべく注射はしないで治療します。(むし歯がC1・C2の場合のみ)
すぐに治療する場合
チェアーに座ることができず、暴れてしまうようなことがあれば安全のため抑えていただいて治療することがあります。
歯並び
将来反対咬合や叢生など歯並びが悪くなることが懸念される場合、専門の矯正歯科を紹介しております。また1~2本のみの部分矯正は床矯正装置(ワイヤーではなく取り外しのできる入れ歯のようなもの)を使って当院でも治療しています。
シーラント
生えたての第一大臼歯は溝が深くむし歯になりやすいです。この溝をうすいプラスチックで塞ぎ、むし歯予防をします。
ブラッシング
6歳未満のお子さんはお母様の仕上げ磨きの方が大切です。
食事指導
甘いお菓子をだらだらと食べているのはむし歯になりやすいです。とはいっても、子供は甘いものが大好き。泣いている子も落ち着きのない子も甘いものを食べると大人しい良い子になったりします。(うちの子がそうです。)甘いもの絶対禁止!ではなくルールを作ってみてはいかがでしょうか?
  1. 18時以降はお菓子は食べない。
  2. お菓子の中でもアメ、キャラメルなどベタベタしたものは食べない。
  3. 飲み物はお茶にする。など。
清涼飲料水やジュースばかり飲んでいるとむし歯になりやすいです。
特に6歳未満のお子さんは気をつけてあげてください。

トップへ戻る

初診の方へのご案内

  • 初診の方へ-First visiters

診療内容のご案内

  • 一般歯科-General dentistry
  • 歯周病-Periodontal disease
  • 入れ歯治療-Treatment denture
  • 口腔外科・インプラント-Dental surgery Implant
  • 審美歯科-Dental esthetic
  • 予防歯科-Preventive dentistry
採用情報